104. The Night Before (50%)

[I LIIIIIVEEEEEE!!!!]

Said Aiko as she crawled from a cremation urn…

~Just kidding, there’s no way anyone can crawl out after being cremated. Frankly, half of the stuff that goes into that urn is the coffin they burn you in… so yeah, if you aren’t planning on coming back after death, remember to cremate yourself!

That being said, classes have me pinned down. I’ll be releasing chapters in segments from now on. I’ll get as much done as I physically can between the moment when I’m too tired to study–when my eyes just can’t focus on the books anymore–and when I fall asleep.

I apologize for any future delays. Thanks for being awesome readers!

~TheClown
CEO Circus Translations
J.D. Candidate 2018
Cornell Law School

Founding Demon Capital Arc

104. The Night Before

Along with the freed elves, rare monsters continued to stream into the city. Considering the quality of their mounts, they must have been treated reasonably well. I guess their captors never intended to enter open hostilities against us. I mean, if you think about it, even the elf chiefs – whose plight began all of this – were without a single injury. I would imagine they meticulously planned their action intending not to kill a single “person”. The elves, based on their magic capacity are rank C~B beings, but many among them can use magic. So their rank does not display their strength–a rather dangerous bunch. No matter how meticulous their planning, to capture ten elves without a single injury, is a real testimony to the hunters’ strength. Assuming there were a few of them, I’d imagine they are at least A ranked. I should think about this some more later. That is, I can hardly underestimate an underground organization abundant with such individuals. My heart tightened watching the monster slaves’ parade.

.

One of the Cerberus’ Bosses–Damrada. As the one responsible for the monster’s return, he rode into the city among them. Of course, his actual goal was to gain entry into the “jewel” called Tempest. But, thanks to an inspection upon entrance, and ban on illegal immigration, entry into the country was not easy to acquire. A guild card would have allowed entry. However, anyone else would have to enter by an invitation. The country has not yet completely developed, so we could hardly let just anyone in. The refugees pouring into our country are staying in inns we had just finished. And we’re quickly putting them to work as builders or cleaning staff. That aside,

Damrada ran up to greet me with a wide smile on his face. After just a single glance at the city, with a nod full of admiration,

[It has been a long time, Demon Lord Rimuru-sama. This unworthy one is named Damrada. On this day, as we had promised, we are returning the captured monsters. We are deeply grateful for permitting entry into your country]

He bowed in respect. As always, he is extremely well dressed, nor is he gaudy.

[Yeah. Seems like you have treated my subjects well. You have my thanks. Since you have fulfilled your part of the promise, let’s forget about this incident. But you do understand that I will not allow this to happen again, right?]
[Hahaha, of course. You are hardly an opponent I would want to risk my life going against]

Damrada intended to completely erase any traces of hostility using that short exchange. We, too, would rather avoid a war of attrition with this organization. I mean, we’d crush them if we fought head on, but there are many nasty things they could do from the shadows. And considering that I had just proclaimed myself as a benevolent demon lord by freeing the Templars, I would rather not waste that effort. These guys just intend to gain my favor. What good is it to pointlessly antagonize them? Well, next time they get in my way, I will destroy them.

[By the way, a little bird whispered this to me… but it seems you are holding a tournament? We couldn’t possibly obtain the right to observe it?]

Damrada asked me with a natural smile. Isn’t he eager to analyze our strength. Well, I don’t mind. I mean, flaunting our ability was the goal. But, I can’t let him have it for free, can I?

[You have my permission. You have permission to remain here until the tournament beings as well]
[Oh, how great is your benevolence! In that case…]
[But, have your strongest man participate. I’d love to see what he’s like. I mean, we’ll be seeing each other often from now on, right?]

I replied with a smile. He came here trying to gain my favor. There’s no way he can refuse. As I thought. He hesitated a bit, but

[As expected of a demon lord, everything has a price. Understood. In that case, this individual…]

He called forth a young individual. I looked at the youth, and then again at Damrada.

[Damrada, you will participate. You are the strongest among these, aren’t you?]

We stared at each other for a second, and,

[You got me. Wonderfully done. You have seen through it all. In that case, I have no choice but to participate. I will be in your care both as a participant and as an observer.]
[Yeah, our future relations will depend on your performance. So I suggest you try real hard]

Damrada bowed again and left. As I thought, he really is the strongest among them. Though he doesn’t look like it, his strength is obvious to those who can truly see. And thus, our participant list increased again. It wouldn’t be fun to have a battle only among our friends. This should spice things up a bit. And if things get really competitive, maybe we’ll see Damrada’s true strength. Martial Arts Tournament. I can hardly wait!

* * *

Ramiris and Veldora were having fun inside the dungeon. Nor was the sight of Milim flying through the sky dragging dragons into the dungeon a rare sight. Things were the same as always. There were constant reports of their loud laughter disturbing people, but we decided to ignore those reports. As for the invitation letters, Myormiles has selected the individuals to invite and sent the letters out. Communication is important. So I introduced Souei to Myormiles and had him help with the communication. Souei’s subordinates–Souka, Saika, Nansou, and Hokusou became the center of Myormiles’ communications team. Since he is just so good at handling people, they have quickly opened up to him. I’m really glad they aren’t looking down on him.

So I can probably leave all that to them. According to Myormiles, the nobles have a large entourage of mercenaries and adventurers they employ. In other words, if we make them believe there’s some great benefit for clearing the labyrinth, we can harvest loads of money off of them. And we can probably have a few nobles become our sponsors. Which would also advance our plans to reuse the arena another step. Though when I say “reuse” I do mean it in a limited sense–up to four times a year. Other times we can use it for training or something. But a sponsor, huh? Well done Myormiles, thinking that far ahead. I had thought only about the money that could be made off of adventurers, and worried about those who would lose themselves in it. And that’s where sponsors would come in handy. So maybe we should fill the dungeon with hidden riches that, like a lottery, would reward a few individuals. To make money on those who like to gamble, of course. Maybe have rare items as rewards? Well, Myormiles suggested that we make a request to the Freedom Association.

[Can we make this request of them?]
[Of course. A reward of 1,000 gold coins for he who would clear a hundred floors. And that’s impossible, I take it? Of course, the number of challengers will decrease due to your notori… fame… But even so, the word on the street is “Dungeon of dragons. Is there an adventurer who could defeat a dragon? Even the knights would find it difficult” they say. So those eating the nobles’ scraps say. Which is why I think it’s a good idea to offer a lavish reward. But, in order to make them think we really intend to pay them this reward, I propose we offer other rewards depending on floor reached. A single gold coin for reaching the 10th floor. 3 gold coins for reaching the 30th floor. Something like that. Maybe even rewards for record time to a save point?]
[Hahaha. An advertisement that would draw people in despite me being a demon lord! Well done, Myormiles, well done. So, will we award only a few people? Or all of them?]
[I was thinking the first five every month. If they are in a party, they’ll just have to split the profit. And if we award them once a month, that will encourage them to compete even more]

I see. If we award the first individuals to reach the target, it won’t hurt our budget and encourage participation. What a wonderful plan. No one will clear it, and even if they do, it’s no problem. A trifling sum like a thousand gold coins we can earn very quickly. What a wonderful idea this has become.

[Myormiles-kun, proceed just as you have spoken!]
[Ay, I live to serve!]

Myormiles’ plan requires me to contact every country and look into the list of adventurers. There’s also the question of entrance into the dungeon. Adventurers can easily enter using their association cards, and we can manage the information hosted on those. As for those without guild membership, we can issue home made cards. I have already consulted Kaijin on that question. This way, we’ll be able to control the access and information of every single person. Entrance into the labyrinth is 3 silver coins per go. We’ll issue the first card for free. If that gets lost or destroyed, the second one is 10 silver coins. We’ll also let them sample a resurrection bracelet by letting them have one for free. Of course, first entry into the dungeon is also free. And resurrection is certainly important. Afterwards, we’ll sell the bracelets at two silver pieces each, and, considering their importance, I expect to sell a lot. We’ll also have to make sure to announce the dangers of entering the dungeon without such a bracelet. Though they have only themselves to blame for their death, I would rather avoid victims. On another note, we have also decided to lease weapons and armours. This was my idea and I’m going to have Kurobee supervise it. Well, I don’t know how this will turn out, but I’m expecting to make a fortune. I can’t wait to open the dungeon!

* * *

HALF WAY POINT: WILL FINISH LATER

 武闘会の運営計画や、地下迷宮ダンジョンの宣伝はミョルマイルが頑張ってくれている。
 だが、実際に差し迫っているのは武闘会なのだ。
 地下迷宮ダンジョンは完成間近なので、武闘会の開催ついでに宣伝するつもりなんだけどね。
 ついつい力を入れすぎているが、メインは武闘会である。
 忘れてはいない。
 しかし、一回こっきりで終わる予定の武闘会より、今後の基盤になりそうな地下迷宮ダンジョンに力が入ってしまうのは仕方ないのだ。
 だが、開催時期も迫ってきたし、そろそろ真面目に組み合わせについて考えないといけないだろう。
 ミョルマイルは運営に関する事で忙しく、とてもではないが選手の管理には手が回らない。
 実際、何名参加するのかも申請を受け付けているだけで、集計が出来ていないのだ。
 俺に訪問して来た各種族代表達も、参加の意思を示す者達がいたのだし、結構な人数が参加する事になると思う。
 気持ちを切り替えて、武闘会について検討を開始する事にしよう。

 まず、参加メンバーを再確認する。
 まず参加する魔物の国テンペストの幹部達。
 ベニマル,ディアブロ,ランガ,ソウエイ,シオン,ハクロウ,ゲルド,ガビル,ゴブタ。
 以上、9名。
 事の発端である、宴の際、参加表明した者達である。
 実際、誰が一番強いのだろう? 俺の予想ではディアブロだけど、トーナメント形式ならば勝負は判らない。
 回復するから疲労による影響は無いかと言うと、そうでも無いのだ。
 何しろ、体力が回復しても使用した魔素量エネルギーまでは回復しないのだ。上手く配分しないと連戦になった時に厳しい。
 どうなるかはやってみるまで不明であった。
 今回、序列がどうのこうの言っていたから、本来は総当たり戦がいいのだろうけど、流石に面倒である。
 上位4名でいいだろう。
 問題は、トーナメントにするにも人数が少ない事だ。
 8名だったら丁度良かったが、一人多い。
 ということで、一般参加を募ってるわけなのだが、どうせならブロックを分けて全16名による勝ち抜き戦にしようと思う。
 なので、後7名、参加者を募りたいのだ。

 主催者特別枠として、各魔王にも声を掛けてみた。

「はいはーーーい! アタシのベレッタはやる気満々よ!?」

 一名ゲット。
 予定通りである。

「ふっふっふ。その言葉を待っていた! ワタシの舎弟にも強制参加させてやろう!」

 謎の覆面、獅子覆面ライオンマスクとしてな! そんな言葉を残して、高速で飛び去るミリム。
 薄々、誰を参加させるつもりなのか、理解してしまった。
 いいのか? この大会、かなりレベルが高いってもんじゃなくなりそうだ。
 他の魔王とはそこまで親しくないし、こんな所か。

 後は、先日参加交渉した、ダムラダである。
 奴ら、堂々とこの町を堪能し尽くすつもりなのか、一番良い旅館を貸切にして占領している。
 金持ちなのは間違いない。
 王族が来た時用に、部屋を抑えておいて正解だった。
 あの男、間違いなく強い。一般参加と同じ扱いにして疲弊させるより、体力全開でどこまでヤルか、見てみる方が面白そうだ。
 という事で、特別枠に放り込んだ。

 これで、残るは4名か。
 東西南北で、バトルロイヤルして決めればいいか。
 そう考えていた時、

「リムルさん、呼んだかい?」

 と、声を掛けてくる者がいる。
 いや、別に呼んではいないのだが。
 見ると、聖騎士最強の男と言われる、アルノー・バウマンだった。

「何か用か? アルノー」
「ふふ、今度の大会、この俺も参加したいと思ってな。
 ここ最近、ハクロウさん相手に鍛え直しているんだよ。
 ぜひ、この俺も参加させて欲しい」

 いいのか? ここでサボってて。
 そんな事をチラッと思ったが、ヒナタは本国に帰ってしまって、ここには居ない。
 残った聖騎士は8名程。
 結界を張る手伝いをお願いしたかったけど、一人抜けても問題は無いか。
 人数も足りてないし、弱すぎる者を間に合わせで入れても仕方ない。
 一般参加者の部門は、3名でもいいだろう。

「それじゃ、参加して貰おうかな。
 でも、無様な戦いを見せたら、各国への示しがつかないぞ?」
「大丈夫だ。次は負けない!」

 何やら自信ありげに言い切っている。
 クロベエが鍛えた剣を手に、装備も一新しているのが自信の根拠だろうか?
 精霊武装とやらより、格段に性能向上させた試作型を試して貰ってるのだ。まあ、試作型なので、量産には程遠いのだが。
 それだけ自信があるなら問題ないだろう。
 恥をかいても知らないし、責任も持たないけどね。

「いいけど、覆面か何か被っとけよ。目立ったら、マジで示しつかないぞ?」

 どうせ獅子覆面ライオンマスクとか言う色物も参加するのだし、聖騎士として参加するよりはマシだろう。

「判った。保険として、仮面でも着けておく。参加を認めてくれた事、感謝する」

 負けなかったらいい話しなんだけどな、等と言いながら、アルノーは去って行った。
 余程自信アリなのだろう。
 アイツ、ディアブロに心折られてるのに、タフなヤツだ。
 ひょっとすると、バカなのかも知れないな。
 初っ端でディアブロに当たらなかったらいいけどね。俺は心の中でそう呟いた。

 よし、これで残り3名。
 残りは一般受付の参加者を見てから考えよう。
 ジュラの大森林に棲息する、知恵ある魔獣や魔物達。
 群れでは無く、個で覇を競う者達が、参加を表明しているらしい。
 そうした者を競わせ、残り3名を選出しよう。
 さて、誰が勝利するやら。
 序列はともかく、そろそろ役職を決める必要もあるだろう。
 勝っても負けても、いつまでも幹部と言う呼び名のままでも具合悪かろう。
 国家として国の重責を任せられる者達なのだ、それ相応の指揮権も与えるべきである。
 そう考え、俺は国家の体制についても思いを馳せるのであった。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 武闘会前日。
 魔物の国テンペストに続々と各国の代表使節団が到着していた。
 早い者達は、一週間も前から滞在している。
 俺が送った案内状だけではなく、ミョルマイルが出した招待状を持ってやって来た豪商もいて、町は活況に満ちていた。
 一度来た事のある者達は自慢気に、初めて訪れた者達を案内しているようだ。
 各国の重鎮や王族方も、見慣れぬ異国の様相に興味深々といった具合だった。
 どうやら意図通り、上手く行きそうである。
 とは言え、魔物の国テンペストで持て成せる人数はせいぜい3,000名程度。
 一般人ならば1万人でも宿泊可能なだけの設備はあるのだが、上流階級を持て成すとなると、3,000名が限界であろう。
 俺がそうした心配をしていたのだが、そこはミョルマイル。
 抜かりなく、宿の割り振りまでこなしてみせた。
 当然、リグルドやリグル、その他魔物の国テンペストの住民の頑張りは賞賛に値するものであったのは間違いない。
 大きなクレームが出る事もなく、無事に武闘会開催前日を迎えられたのは、皆の頑張りの賜物である。

 そして、その夜。
 いつもの宴会用の大広間に、各国の重鎮が一同に会していた。
 前夜祭である。
 慣れぬ座布団に戸惑いつつも、思い思いに寛ぐ姿が目撃される。
 大風呂は好評だったようで、一日に何度も入る人も居たらしい。
 支給された浴衣を着て、お互いの姿に感想を述べ合っているようだ。
 ここまでは成功と言っていい。
 護衛の者は交代で番をしていたり、大広間の外で護衛任務についている。
 護衛のプロらしく、差し入れを申し出たのだが辞退された。
 毒物を警戒しているのだろう。
 まあ、その気になれば毒とか不要で実力行使で問題ないのだが、それは言わぬが花なのだ。

「ええ、本日は良くぞお出で下さいました。ワタクシが、この度魔王になりました、リムルです。
 今日は軽い挨拶に留め、皆さんには是非とも、魔物の国テンペストの料理を堪能して頂きたい。
 長話は苦手ですので、早速始めましょう!」

 俺と一対一で会いたいという者には会っているが、面会希望を受け付けてからになる。
 なので、初めて俺を見た者達も多く、好奇の視線に晒された。
 俺が魔王と名乗った事で青褪める者や、逆に観察するように眺めてくる者まで様々だ。
 そういう視線が苦手なので、 軽く挨拶をしたら、宴の開始である。
 寛ぐ者達の前に、料理が運ばれていく。
 さて、反応はどうだろう?
 今回は、寿司。そして刺身に天麩羅とお吸い物。
 魚は取れたて新鮮。何しろ、俺が行って捕獲して来たのだ。
 手当たり次第に、飲み込み、毒を解析し分解してある。
 水中行動も上手くなったし、いい経験だった。
 が、次からは人に任せた方が良さそうだ。
 魚を捌いたのはハクロウである。
 クロベエの鍛えた包丁で、一瞬で生け造りも用意してくれた。
 シュナも驚きの手際よさで、捌くその姿は職人である。そして、寿司を握ったのもハクロウ。
 思わぬ特技だ。
 何でも、先代に習ったそうだが、異世界から来た人って江戸の人? でも、時代が合わない気がするが……
 まあいいや。そんな事はどうでもいい。
 シオンが、俺がプレゼントした包丁を握って手伝いたそうにしていたが、今回は我慢させている。
 当然だ。
 国家の重鎮を招いて、下手な物は出せないのだ。洒落ではすまないのだよ。
 問題は、醤油。
 何とか、醤油モドキが出来ていたので、それで代用する。
 色が薄い感じだが、味は似たような出来栄えだったので、問題ないだろう。
 山葵はあった。でも、これは好みが分かれるし、初めて食べる人にはキツイと思う。
 なので、寿司のは抜いて握ってもらっている。
 準備は出来た。
 料理とは、御もてなしの心。
 俺達の誠意が伝わればいいのだが。

 そして、開催される前夜祭。
 冷えた麦酒ビールに、歓声が起きたのが始まりだった。
 炭酸系が乏しいものしか飲んだことのない人々にとって、魔物の国テンペスト製の麦酒ビールは驚きだったのだろう。
 何よりも、ガンガンに冷えている。
 冷やしたガラス製のグラスを用意しておくという、徹底した日本式サービスを指導したのだ。
 自分の為にも、ここは妥協出来ない所である。
 長耳族エルフの仲居さんが、お酌をしてまわる。
 強制ではないよ? 自主的に手伝いたいと申し出た者に手伝ってもらっているのだ。
 これもまた大成功。
 三つ指突いての挨拶は、何と言うか万国共通で男心をくすぐるのだろう。
 酔ったわけでもなく顔を赤らめる者もいたようだ。
 何しろ、浴衣の胸元が、ね。
 ふふふ。計算通りである。

 そんなこんなで、宴は進んだ。
 どうやら、概ね大成功だと言える。
 目の前で魚を捌く所も見学させたりと、なかなか凝った趣向もこらしたのだ。
 当然、捌いてすぐに刺身として食せるのだ。不味いわけがない。
 この魚はAランクの……、等と、無粋な事に気付く者もいたけど、そこは味とは関係ないのだ。
 魔法使いによる毒鑑定は用意させているので、皆躊躇わずに口にしていた。
 というか、普段内陸に住んでいる者にとって、生の魚など食べる機会はほとんどないのかも知れない。
 何しろ、運搬が問題だからね。
 馬車では少量しか運べない以上、余程の金持ちでなければ、生で魚を食べる事は出来なかっただろう。
 そういう意味でも、大好評の内に宴は進んだのだった。
 まあ、これも計算通り。
 今後、俺達と交流するなら、こういう食材も流通出来ますよ! とアピールを忘れない。
 俺の仕事はこうした宣伝である。
 贅沢をするだけでは無いのですよ。俺が我侭なだけではなく、こういう機会にそなえての事だったのだ!
 という事にしておこう。

 こうして、各国の重鎮への宣伝効果も兼ね備えた前夜祭は、無事に終了したのであった。

39 thoughts on “104. The Night Before (50%)

  1. Thank you Clown take your time as well as the others. Please don’t burn yourself out for us we are a patient lot. So Cornell huh? Does that means you may represent me when I try to splice a Buffalo and a chicken together to create real Buffalo wings?

    Like

  2. A whole week of waiting for half a chapter isn’t even worth it anymore. You should’ve just held back the first half. Doing the first half people will expect the 2nd half to be finished not far after.

    Like

  3. Don’t count on the second half coming out for a few days. Maybe another week,

    It’s Memo season for 1Ls. It’s a very busy time of the year, where 1Ls get used to writing tests and rule proofs.

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s